当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 For English/ 中文 speakers, Please use the link the button below. ↓

すべての商品を見る オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
カップ & ソーサー


マイセン 真正アンティーク コーヒー/ ティー カップ 『ブラック・ローズの愛』 250000 ↓
200,000円

【作品の詳細】

真正マイセン・アンティークから『ブラック・ローズの愛』のご紹介でございます。こちらはチェルシー・コレクションの範疇にはございませんが、真正アンティーク・マイセンで、とても珍しいパターンの作品です。

どうして黒い薔薇なのでしょう。赤い薔薇がスタンダードで色合いを出すことも難しくありません。赤い方が人気があり、マイセンとしてもビジネスにしやすいはず・・・

黒い薔薇には「君は一生私のもの」といった少し強い花言葉が含まれているのですね、「一生変わらぬ愛」のシンボルだそうです。

マイセントレードマークが示します通り(双剣の下に星印のつけられたもの)、1774年から1814年の間に制作されたものと考えられます。お手にしていただくとその古さの感じられる磁胎です。チェルシーコレクションの透明かつ堅牢な白とは違いますね。もっと古いものです。アンティーク感を味わいたい方にはとっておきです。

【こちらの作品の説明・コンディション】

200年を超える作品としては極めて綺麗なコンディションです。ソーサーの裏に焼成時の黒い不純物が付いてしまっていますが、アンティークの味です、お楽しみください。擦れも最小限です。

真正アンティーク物では高額になるため、贋作の多い作品です、プロヴィナンスや調査方法が示されていないものが多いようです。擦れやヒビが隠されたまま販売されているものにご注意ください。作成年代の判断・表示は専門家でも100%保証できるものではございませんが、英国アンティークスでは真摯に最大限の努力をもって調査しております。下記『ご説明(PDF)』をご参考くださいませ。また、裸眼で確認できないような貫入・ヘアラインがございました場合にはお許しくださいませ。



【大凡のサイズ】

カップ 直径:8cm(10cmハンドル含む)高さ:4.5cm
ソーサー直径:13.5cm

ご参考までに、マイセン大博覧会(チェルシー・コレクション)の詳細につきまして、まずは『ご説明書(PDF)』(←をクリック)をご覧ください。マイセンマークや真贋判定などの重要事項と他店やウェブでは知りえないお役立ち情報が10項にわたり掲載されております。

英国アンティークスでお買い求め頂くということは単に「二本の剣」の付いたブランド品を購入するということとは異なります。一つにはマイセン本社に30年勤務するダイレクターや世界最高峰オークションハウスサザビーズの陶磁器担当者との調査を通し真正かつクオリティーの高い作品をご紹介いたしております。

     
チェルシー・コレクションのプロヴィナンス(経緯・由来)チェック(左)。磁胎上の6つのマーキングの意味の分析(左2)。割れサンプルからの磁胎耐用性検査(左3)。アンダーグレイズのマークの上、釉薬中の気泡検査(右)。アンティーク・マイセンの真贋性はこうしたプロヴィネンスと精密検査無くしては確立できません。

もう一点はレアでエンボスの美しい超人気「新Brandenstein」パターンであること、及び質の高い華絵と蟲絵ををアーティスト・レベルで分析していることです。お客様のお求めになるカップやプレートは世界で一つしかない日常工芸・芸術品でございます。

     
磁胎パターンは超人気・エンボスの美しい「新Brandenstein 1744年開発](左)。華絵と蟲絵に卓越した絵師は個人レベルで調査(左2−3)。ハンドルや金彩のクオリティーの高さも確認(右)。

通常アンティーク・マイセンの食器はセットで揃えるのが大変難しいのですが、今回幸いにも大量入荷できました。セットでお求めのお客様にはお求めやすいお値段でご奉仕いたしますので、ご連絡くださいませ。

     
プレートのサイズ・種類は5つ(左)。大きくてしっかりした作品はディスプレーで大変映えます(左2)。カップも「新 Brandenstein」パターン(左3)に加え、有名な「スワン・ハンドル」、「マイセン・ローズ」、「インドの華」や「リボンと花籠」などがございます(右)。



◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数