当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 For English/ 中文 speakers, Please use the link the button below. ↓

すべての商品を見る オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
カップ & ソーサー


<伝統・正統派> 『白磁とと金彩: 成熟のリッジウェイ 』 和田泰志先生「白磁を楽しむ」・・・。 53000 ↓
53,000円

【作品の詳細】

昨日に続きまして、リッジウェイの成熟した時期の作品から「白磁と金彩」のご紹介でございます。

アンティークカップ屋を営んでおりますと、もちろん色々な種類のカップを取り扱うことになるのですが、年がたち、忙しくなり、疲れたり、本筋に立ち戻ろうとするときはやはり「白磁」を見るようになります。この点は和田泰志先生もご著書で触れられていますね。

白磁。多くの方にとっては文字通り「白い」「磁器」でございますが、わたくしどもにとっては単なる「白い」「磁器」ではございません。歴史の中のそれです。1700年代に中国や日本では作ることのできた透明な白器が欧州では王族・貴族や富豪の羨望の的となり、中国へ高速船まで走らせて輸入したり、国王の命令の下に同じような白器の開発が秘密裏に進められ、或は輸入額が巨額になったがために対価として金(ゴールド)を使ったがために国の財政を逼迫させ、それでも支払いきれなかったので大麻(オピウム)を送りつけて、オピウム戦争の原因とまでなった、その白器です。・・・ちょっと信じられないですね。

英国では欧州大陸とは異なり一部の窯元を除き皇族の庇護を受けませんでした。(時代によりますが)数百とも数戦とも言われる窯元が生まれ、非常に厳しい競争下で技術革新が行われました。化学的な側面と、芸術的な側面と、ビジネス的な側面と、政治的な側面と、此処では詳しくはご紹介できませんが、とても興味深い歴史を生みました。リッジウェイは芸術的、政治的、ビジネス的な側面で英国窯業をリードした窯でした。

その窯の、成熟期の、落ち着きがあり、かつ、可愛らしいリボンをほどこした、「白器と金彩」でございます。

そのリッジウェイの「白」ですが、ここのところ傾倒いたしておりましたマイセンの「白」と比べようと思ったのですが、ちょっとあきらめました。色の違いがデリケートでネット上ではとても難しい作業です。マイセンの物に比べますと、堅牢さでは劣るように思いますが、英国の物は暖かいのですね、すこーしだけ乳白色が混ざって。どうぞ、お客様にお手に取ってお感じいただきたいと思います。

リッジウェイは1850年代後半にブラウン・ウェストヘッド・ムーア―に経営譲渡してしまいますが、この作品はその数年前の成熟したころの物でございますね、パターンナンバーがそれを語ってくれます。同じパターンは見つかりませんでしたが、1850年代に典型的なパターンをそのパターンブックに見い出しましたので、写真でご覧ください。大人の美しさです。

【コンディション】

磁胎は重厚堅牢で、あと何年でも生き続けてくれそうです。ヒビ、カケ、貫入はございません。経年による金彩の擦れがございますが、ご覧の通り全体としては綺麗な状態です。

【サイズ:大凡のものです】

カップの 口径 約   9cm / 11cm(ハンドルを含む)
 高さ 約 7・5cm
ソーサーの直径 約   15cm
 

◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数