当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 すべての商品を見る

オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
トリオ


スージー・クーパー 『 ヴェネチア 』 トリオ・クリーマー付 33000 ↓
33,000円(税込)

【作品の詳細】

先ほど久しぶりにスージー・クーパーのお品物『ロマンス』をご紹介いたしました。まずは、そちらをご覧くださいませ。

こちらの作品はスージークーパー後期の物もですね。バックスタンプをご覧ください。ウェッジウッドグループと付いているのがお分かりになりますか?他の窯同様1900年代に後半、彼女の窯も経営難でした。確か1950ねんでしたね、ウェッジウッドに吸収合併されて生き残りをかけます。

こちらの作品はヴェネチアと代が付けられた作品です。和田泰志先生はスージークーパーの良さが伝わるのはその1922年から28年頃の物だとされ、後期の大量生産品には厳しい評を下されています(『ヨーロッパ・アンティークカップ銘鑑1996、235−237項)。確かにわたくしもスージークーパーの勢いが感じられるのは彼女が20歳代だったころだと思うのですが、その後の女性らしいパステルカラー調のもの、更にこの作品のようにパターンデザイン化されたものも「意味がございます」。

「意味がございます」というのは歯切れの悪い表現ですが、和田先生のおっしゃる、仕掛けられたスージークーパー現象、単に「カワイイ」ものを日本人女性に売りつける世俗な現象にはとどまらなかったようです。1990年代、2000年代を超えて、英国でも未だに根強いコレクターがおられ、一人の女性が生涯をかけて作った作品群を時代順にあつめて人気を保っているようです。

若いころの情熱を感じさせる作品群。それに続いての優しく柔らかい女性らしさ。そして成熟した、単純化されたデザイン。他の有名な窯と違い、一人の女性によって1900年初めに始まり1900年代に完結するという事実がコレクションとしての手ごろさを生んでいるのかもしれません。この5月(2016年5月)にわたくしも久しぶりに彼女の作品を100点ほど見通して、そんなことを思いました。

マークの次の写真はスージーによる手描きのパターンの原型です。一人で事業を起こしこうしたデザインをしてブランド窯でした彼女の人生、楽しかったでしょうね。少し羨ましいですね。

英国を代表する近代陶芸家スージー・クーパーをもっとお知りになりたい方は「スージー・クーパー・ストーリー」もご参考くださいませ。もうずいぶん前に記したものです。

【コンディション】

ひび、かけなどはございません。とても光り輝くとてもよいコンディションです。

【サイズ】
カップ直径      約70mm / 約90mm (ハンドルを含む)
高さ         約65mm
ソーサー直径 約135mm
プレート直径 約160mm
クリーマー      約80mm / 約110mm (ハンドルを含む)
高さ         約60mm


◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数