当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 すべての商品を見る

オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
カップ & ソーサー


【伝統・本物】 <本物> 『 典型的な縁 - 金彩 - 華絵 13 :リッジウェイ・ロンドンシェイプ』  118000 ↓
118,000円

【一般的説明】(こちらの作品の詳細は下にございます)

『 典型的な青/縁 - 金彩 - 華絵 』シリーズの一般的なご説明です。英国の<本物>伝統作品をシリーズでご紹介申し上げようと思いまして、「白物 (白磁−金彩−華絵)」と「コバルト物 (コバルト−金彩−華絵)」をすでにご紹介始めました。どうぞ、そちらの一般的な説明をご参照くださいませ。

もう一つシリーズものとしてご紹介できますのは、「青物」或は「縁物」でございます。私の印象に反しまして「青物」又は「縁物」の<本物>が実はかなり多く作成され現在まで生き残っております。しかも、コンディションのよい物が多いですね。徐々にご紹介してまいります。まずは、白物とコバルト物のご紹介をお読みくださいませ。

**********【こちらのお品物の詳細】**********

『典型的な縁/ 青−金彩−華絵 』シリーズの第13番目のお品物で御座います。カップの裏には窯元を示すマークはございませんが、パターンナンバーと、カップシェイプ(特にハンドルと本体の付け根部分の飾り)と、素地、焼成の具合からリッジウェイの作品とわかります。およそ1825年から1835年頃の作品です。

ここ3日ほど「縁ー金彩−華絵」の作品を続けてご紹介申し上げました。わたくしども少し研究壁がございまして、一つのテーマを掘り下げてしまうきらいがございます。この作品からもいろいろ勉強させてもらいました。

一つには緑の濃さと申しますか、明るさと申しますか、ちょうどこのくらいの濃さでないと華が映えません。黄色と金彩とのコンビネーションもいいですね。もちろんコバルトの物に比べて明るく、朝、昼間の紅茶に合いますと同時に、夜はディスプレーとしても明るさを添えてくれます。

華絵はリッジウェイが得意とする繊細で艶やかなものです。それからハンドルシェイプ(ロンドンシェイプ)がオシャレ感を増してくれます。

【コンディション】

カップに薄い微細貫入がございます。パターンナンバーの次の写真をご覧ください。極めて薄く細かいもので一見見つからない程度のものです。絵柄と金彩のすれも少なく綺麗な状態です。

【サイズ:大凡のものです】

カップの 口径 約   10cm / 12cm(ハンドルを含む)
     高さ 約   5cm
ソーサーの直径 約   14・5cm
 

◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
型番 2 / 262
購入数