当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 すべての商品を見る

オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
カップ & ソーサー


銘窯コールポート 『 アクセントとしてのコバルト 』 42,800 ↓
28,160円

【作品の詳細】

とても注意を引く作品でございますね。

金彩の繊細かつ大胆なデザインと、コバルトブルーの「点」化が本当に珍しい作品でございます。

シェイプやハンドルが伝統的なものですから、それだけでも他のコレクションと並べてとてもいいコレクションの一部をなすのですが、このデザインの奇抜さにより更にアクセントとなること間違いなしの作品です。

バックマークは見つからず、一寸アイデンティティの確立は難しくなっております。シェイプや磁胎の焼き加減から、おそらくコールポートと思われますが、正確な判明は新しいオーナーの方のお楽しみに撮っておきましょうか。デザインがとても特徴的ですので、きっとアイデンティティは判明いたします。

自体の状態、絵付け、金彩の状態から、時代はおそらく1800年代前半から半ば、150から80年ほど前の作品との読みでございます。

【コンディション】

ご覧のとおり、全体としてコントラストの強い注目を集めるデザインです。金彩や絵柄に多少のスレがございますが、このコントラストの強さのために気になりません。同様に、極めて細かな微細貫入が全体に広がっているのですが、これは(前述コントラストの強さも手伝い)通常の鑑賞では確認するのが難しいくらいのものです(白磁の拡大写真でご確認ください)。観賞用としては問題ございません。そのた、金彩や絵柄に多少のスレはございますが、アンティークに通常想定できる範囲のものです。カケや割れはございません。

【大凡のサイズ】

カップ直径10・5cm(12・5cmハンドル含む)
高さ6・5cm
ソーサー直径15


◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数