当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 すべての商品を見る

オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
陶磁器その他


製作窯不詳 『ティーキャディー:中国図』 39,800 ↓
39,800円

【作品の詳細】

本日は極めて珍しく、また「雰囲気のある」ティーキャディー(茶筒)のご紹介でございます。

詳細のわからない作品でございます。一見中国製の茶筒のように見えますし、実際その可能性もございますが、おそらく1800年代前半に英国で作られました茶筒でございます。

当時中国からの紅茶とその茶器の輸入が盛んで、その高価な中国器に代わり英国製のものが製作されるようになりますが、デザインといたしましては中国器の模倣がおおございました。英国アンティークスでも多くのオリエンタル調の作品をご紹介しておりますが、その原点はここにございます。

本日のお品物でうれしいのは、その模倣の本当に原点的な作品であることよく伝わってくるからでございます。中国絵は本当に中国の雰囲気が出ておりますね。西洋のアーティストが描きますと、どこか西洋的な雰囲気になるのですが、こちらは本当に中国的な雰囲気に包まれております。これが、先に、本当に中国で作られた茶筒である可能性がございますといたしました理由です。

ただ、筒のキャップとして使われております鉄部分についてはどうなのでしょう。英国のもののような気がしますが、この点はわたくしども不勉強のため(申し訳ございません)なんとも判断が付きません。どうぞ、お客様の中にご専門の知識のある方がいらっしゃいましたらご教示くださいませ。

このキャップもそのさび具合がアンティーク感を醸し出してよろしいですね。でも、キャップとしてしっかり、ピッタリ閉まるんでございますよ。実用としてお使いいただけます。お茶会を楽しくさせますね。

ご覧のとおり貫入とそれに伴うヘアライン、それから小さなかけもございます。ただし、これらは特にこの作品関しまして嫌みのある瑕疵ではございません。貫入がとても良いアンティーク感を醸し出している例で、ヘアラインやカケも小さなものでさほど気になりません(写真では目立つように撮影しております)。

【コンディション】

上記ご覧くださいませ。筒の裏に何かマークのようなものがついているようにも思いますが、判別付きませんで、アイデンティティーは確立できておりません。ゆっくりと調べたいと思っております。

【大凡のサイズ】

19cm


◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数