当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 すべての商品を見る

オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
シルバー


【ご売約済】スターリング・シルバー(純銀)バチェラーサイズポット
0円(税込)

【作品の詳細】

今回ご紹介いたしますのは英国の最も輝かしい時代、大英帝国を築いたヴィクトリア女王時代、1842年に作られたスターリングシルバー(純銀)のバチェラーサイズのティーポットとなります。

こちらのティーポットはそのような時代にに1842年にロンドンでレジスターされたエドワード、エドワード・ジュニア、ジョン&ウィリアム・バーナード社(Edward, Edward Jr., John & William Barnard)によって作られました。

文頭にバチェラーサイズと書きましたが、バチェラーサイズとはお一人様用のサイズのものを指します。元々バチェラーは独身の男性を意味し、殊に貴族階級の長男ではない男性が成人した際にお屋敷から独立しなければならなかったため、一人暮らしサイズにちょうど良いこのようなバチェラーサイズのポットができたというわけです。

とは言え、こちらのポットデザインが女性的だと思われませんか?なぜこのようなエレガントなポットがあるのかと申しますと、皆さまのご記憶にも新しいかと思いますが、日本でもヒットした英国のテレビドラマ『ダウントンアビー』に登場するヴァイオレット夫人(おばあさま)がご主人に先立たれて一人暮らしをしていましたよね。あのような立場の女性もやはり一人暮らしをしていたため、そのような方のために作られたポットだと想像いたします。いずれにいたしましても、貴族階級の方の邸宅にあったに違いないであろうティーポットだと思われます。

ポットは八角形に区切られていますが円形のエレガントなスタイルを保っています。またティーポット上部のカバー上にシルバーのお花型のフィニアルが豪華ですね。ハンドルの上部には熱が伝わってハンドルが熱くならないように象牙がほどこされております。

このようなポットでゆったりと午後の紅茶を愉しまれてはいかがでしょうか?

一緒に写っておりますカップ&ソーサーは大きさ比較のためでございます(カップ&ソーサー類はこちらからどうぞ)。また 写真に写っているティーストレイナー(こちらをクリック) をご一緒にお求めの方は特別価格1万3千円にてお譲りいたします。

【コンディション】

一ヶ所だけ小さなへこみがありますが(写真でご確認ください)、シルバーの反射があるため、目立つものではございませんが、気になる方はお問い合わせくださいませ。他には目だった傷などのない美しいコンディションとなります。

【サイズ】

幅 約20cm
高さ 約13cm
奥行き 約12cm
重量 約332g 容量 約320cc

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クオリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。

◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
在庫数 0 (売切れ)