当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。
私どもはお客様のご満足にお応えできるよう最後まで責任を持って対応させていただきますのでご安心くださいませ。

For all English enquieries/clients, please

email here.


メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 すべての商品を見る

オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
ポット


スージー・クーパー『パトリシアローズ』ポット 88,000 ↓(送料込)
88,000円(税込)

【作品の詳細】

本日は久しぶりにスージー・クーパーの作品のご紹介です。スージー・クーパーの中でも人気が高く近年では見かけることが少なくなった『パトリシアローズ』のポットとなります。それも珍しいブルーのヴァージョンですよ ♪

スージー・クーパーの作品はいつ見ても、心癒される優しさがありますよね。殊にパトリシアローズはスージーの優しさが伝わってくるような作品に思えます。

入手困難なスージー・クーパーの『パトリシアローズ』のポット、この機会にどうぞ♪

別途、パトリシアローズのピンクのカップ&ソーサーセットもご用意しました。カップ&ソーサーセットはこちらからご覧くださいませ。

アンティークカップの大御所、和田泰志先生はスージー・クーパーの良さが伝わるのはその1922年から28年頃の物だとされ、後期の大量生産品には厳しい評を下されています(ヨーロッパ・アンティークカップ銘鑑 1996、235-237項)。

とはいえ、日本でも英国でも人気が高いのはこの頃の作品のようですね。最も、大量生産により作品が手に入りやすいということと密接なつながりがあることは当然なのですが。それにしてもです、このデザインが陶磁器のご専門家、権威の先生方にあまり支持されないのは、もしかしたら男女の感性の違いがあるかもしれませんね(実は私も和田先生のご意見に非常に賛成だったのですが、社会学を先行した従業員に諭されて、広く人気の有る物にはそれなりの理由があるかもしれないと、何度も何度も見ているうちに少しずつわかってきたような気がします)。どうぞ、この点に関連しまして『ヴェネツィア』をご覧くださいませ。

スージー・クーパー英国陶器の郷、ストーク・オン・トレントの街に生まれ育ちました。ストーク・オン・トレントは英国北部のカントリーサイドの街ですので、周りに自然があふれており、子供の頃からお絵かきが大好きだったスージーにとって周りの花々を描くこととは自然な成り行きだったと考えられます。そしてその花を描くということは生涯にわたってスージーのテーマとなりました。こちらの作品もそのテーマのひとつとなりました。

英国を代表する近代陶芸家スージー・クーパーをもっとお知りになりたい方は「スージー・クーパー・ストーリー」もご参考くださいませ。

★ スージー・クーパー作品一覧

【コンディション】

ひび、かけなどはございません。ハンドルの部分によく見るとわかる程度の貫入がありますが(写真でご確認ください)、全体的につやつやとした良いコンディションです。

【サイズ】

高さ 約17.5cm
横幅 約17cm(ハンドル含む)
奥行き 約10cm

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クオリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。

◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数