当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 For English/ 中文 speakers, Please use the link the button below. ↓

すべての商品を見る オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
カップ & ソーサー


【ご売約済】 <<ことはじめ>> <<名窯>> E. J. Shaw 『ローズガーランドとリボン』
0円

【作品の詳細】

英国窯業の郷、ストーク・オン・トレントから、かわいいローズガーランドとリボンのカップ&ソーサーのご紹介です。

こちらのお品物、ストーク・オン・トレントの中でも、どの通りの住所で作成されたかまで判明しております。チャーチストリート、11番です。今でもある住所ですが、窯はずいぶん昔に閉じられています。

こちらの住所で磁器を焼いていたE.J.Shaw (E. J.ショー)氏はどのような方だったのでしょう。詳細を調べましたが、申し訳ございません、力不足でした((何かわかれば、追ってお知らせいたします)。実は、1800年代中期から後期にかけては英国(特にストーク・オン・トレントを含むスタッフォード地域では小さな小さな家庭内窯業社(あるいは「者」)が沢山(1500とも言われます)も乱立し、また淘汰されていきました。E. J. Shaw (E. J.ショー)氏もそうした一人であったのかもしれません。

とにかく可愛いお品物です。おそらく180年から120年ほど前の小さな窯元の作品と思われます。カップに焼いたときに着いた灰交点が確認されます。残念ながら、1客のソーサーにはヘアラインが確認されますので、こちらはプレゼントと申しますか、どうぞご一緒にお受け取りいただけましたら幸いです(時を超えて生き残ってきたお品です。引き離してしまうのがどうもかわいそうに思われますので)。

とはいえ、丁寧にお使いいただけましたら、ずっとお供させていただくことのできる程度のヘアラインです。そうした1客と共に、お二人ででスィートなティータイムをお過ごしくださいませ。

他のスタッフォードシャーのお品物、こちら もご参考くださいませ。

【コンディション】

焼成時にできた若干の灰降点を確認しております(写真でご確認ください)。ソーサーの一枚にヘアラインがございます。その他はひび、かけ、貫入などのないアンティークとして、良いコンディションのお品物です。

【サイズ】

(最大幅):カップの口径 約70mm
           高さ 約60mm
      ソーサーの直径 約140mm


当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クォリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前に下記よりお問い合わせの上、ご確認くださいませ。

◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
在庫数 0 (売切れ)