当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 For English/ 中文 speakers, Please use the link the button below. ↓

すべての商品を見る オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
カップ & ソーサー


【伝統・本物】 <<隠れた名窯>> クイーン / ロジーナ 『伝統を超える試み』  トリオ デザイン革新に挑んだ G. Warrilow 作! 89000 ↓
71,200円

【作品の詳細】☆

『英国の隠れた名窯』(2016予定)掲載予定作品。

先日サミュエル・ラドフォードを積極的にご紹介してまりますとして(例えばラドフォード 『伝統を超える試み』をご紹介申し上げました。同じように、1800年代の終わり或は1900年代の幕開けに伝統と革新の間で活躍しておりましたクイーン窯(或はロジーナ窯)をご紹介申し上げます。

ジョージ・ワリロー(George Warrilow)はやはり名地スタッフォード地域のロングトンに窯を設立した職人でした(1887年)。こちらの作品のマークにございますロープの中の「G」と「W」は彼のイニシャルでございますね。彼は、クイーン或はロジーナというブランド名を用いて活躍いたしておりました。ラドフォードに似て、東洋風の華絵を得意としておりました。しかしながら1800年後半からは、こちらの作品にみられますように伝統と近代化のバランスに苦心しておりました。ラドフォードは1950年代に倒産してしまいますが、ジョージ・ワリローはその前、戦前の1940年に窯を閉じてしまいます。

ラドフォードにしてもこちらのお品物(1892年から1928年頃の作品)にしても、伝統的な華から近代デザインへの移行期の作品、とても魅力的ですよね。おそらく一つの芸術分野としてくくれるくらいのものであると思います。英国アンティークスでは今後こうしたお品物を積極的にご紹介してまいります所存です。

【コンディション】

金彩・絵柄の擦がほんの少し確認されますが、ひび、かけ、貫入のないとても美しいコンディションです。

【サイズ】

カップ 口径  約85mm / 105mm(ハンドルを含む)
    高さ  約65mm
ソーサー直径  約140mm
プレート直径  約180mm


◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数