当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 For English/ 中文 speakers, Please use the link the button below. ↓

すべての商品を見る オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
カップ & ソーサー


【伝統・本物】★★高級品★★『英国アンティーク・カップ芸術の極み 』 英国アンティークス一番おすすめです  298000 ↓
238,400円

特別メッセージ:本当に自信の有る一品が一客ほしいというお客様。こちらがおススメです。これほどよい伝統物はなかなか見つかりません。どうぞ、パトロンのお客様、保全協力お願い申し上げます。

【作品の詳細】

この程は英国アンティーク・カップ芸術の極みともいえる作品をご紹介できますことを非常に喜んでおります。同業者からは「英国アンティークさん、本当にあれを放出してしまうの?」というこえがきこえてくる、大変クオリティーの高いお品物でございます。今回、移転を機にできるだけ「お宝」も含めて、皆様にご提供申し上げる覚悟を決めた次第です。

こちらのお品物、アンティークディーラーがダービーの古いものであるに違いないと断言して紹介してくれた作品でございます。しかしながら、私共は必ずしも確証が得られませんでしたので入荷後リサーチしておりますと、他のアンティークディーラーは、同じデザインで違うシェイプのものをスポードのものとして販売しておりました。理由を聞きますと、そのシェイプによるとの回答で、何ら私どもで最善を尽くして数多くのレファレンスにあたっているのですが今のところ窯元不明でございます。おそらく1800年代最初のころの作品でアイデンティティーを示すマークの実践が徹底していなかったものです。それにしても・・・

・・・アイデンティティーはともかく、ため息の出るほどの華絵ですね。このような濃いコバルトに繊細な金彩と質の高い華絵を書き込んだ作品は本当に、英国にのみみられる伝統的なカップ&ソーサー(或はトリオ)でございます。この伝統、大切にしたいですね。

このハンドルシェイプは、通常キドニーシェイプ(腎臓の形)と呼ばれるもので、1815年から1825年くらいに多くの窯元が採用したシェイプです。ただ、これをもとに年代を決めつけるのは誤りです。この年代の前にも例はございますし、この後は思い出したようにポツリポツリと使われておりました。また、窯元も、ナントガウやコールポート、ダービー等色々な窯元が使っておりましたので、ほとんど手がかりになりません。どうぞ、アイデンティティーよりも、作品そのものの良さをご堪能くださいませ。

【コンディション】

細かな貫入と金彩の擦れが確認されますが、豪華な金彩と華絵に圧倒され気になりません。詳細は写真でご確認くださいませ。気になる点はメールにてお問い合わせくださいませ。

【サイズ】【作品の詳細】

この程は英国アンティーク・カップ芸術の極みともいえる作品をご紹介できますことを非常に喜んでおります。同業者からは「英国アンティークさん、本当にこれを放出してしまうのですか?」という声がきこえてくるくらい、大変クオリティーの高いお品物でございます。今回、オフィス移転を機にできるだけ「お宝」も含めて皆様にご提供申し上げる次第です。

こちらのお品物、アンティークディーラー(80歳くらいの大変お詳しい方でした)がダービーの古いものであるに違いないと断言して紹介してくれた作品でございます。しかしながら、必ずしも確証が得られませんでしたので入荷後リサーチしておりますと、他のアンティークディーラー(こちらもアンティーク・カップの専門家です)は、同じデザインで違うシェイプのものをコールポートのものとして販売しておりました(写真参照)。理由を聞きますと、そのシェイプ(エトラスカンシェイプ)によるとの回答で、正直申し上げまして説得力に欠けるものでした。私どもで最善を尽くして数多くのレファレンスにあたっているのですが今のところ窯元不明でございます。おそらく1800年代最初のころの作品で、超一流の窯によるものであることは間違いないのですが、それ以上のことはわかりかねます。それにしても・・・

・・・ため息が出るほどの作品ですね。はじけるようなコバルトに繊細な金彩と質の高い華絵を書き込んだ作品は本当に、英国にのみみられる伝統的なカップ&ソーサー(或はトリオ)でございます。英国のカップ芸術はよく欧州大陸のそれと比較されますが、もしコンペティションをするならばこのような逸品で勝負してみたい、そう感じることのできる一品でございます。この伝統、大切にしたいですね。

ともかく、どうぞ、写真だけでもご堪能くださいませ。素晴らしい作品であることをお分かりいただけるかと思います。

【コンディション】

細かな貫入と金彩の擦れが確認されますが、豪華な金彩と華絵に圧倒され気になりません。詳細は写真でご確認くださいませ。お安いものではございませんので、気になる点はメールにてあらかじめお問い合わせくださいませ。

【サイズ】

カップ  口径 約95mm / 105mm(ハンドルを含む)
     高さ 約65mm
ソーサー 直径 約145mm 




◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数