当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 For English/ 中文 speakers, Please use the link the button below. ↓

すべての商品を見る オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
カップ & ソーサー


【伝統・本物】 <<本物>> 窯元不明(ミントン?)無名の 『オリエンタル』 パターン、1800年代最初の頃 39800 ↓
31,840円

【作品の詳細】

こちらの作品をご紹介いたします直前は、ミントンの「チャイナ」「JAPAN」でございましたので、こちらの作品も併せてご紹介申し上げます。

先の二つの作品のアイデンティティーがわかっておりますのと比べますと、こちらはなんとも歯切れの悪いものとなります。何もマークがございませんので、窯元も作品パターンも不詳でございます。

でも、悪くございませんよねぇ。とってもいいんです。ミントンの雰囲気でございますね、焼き加減とデザイン性は。ただ、通常典型的にイメージされるミントンの色合いよりも落ち着いていて、それが何ともミントンの知られざるバリエーションのような味を出してうれしいのです(わたくしだけでしょうか)。優しい色合いのチャイニーズツリーと申しましょうか。

写真ではお分かりいただけませんのが残念ですが、素地の質感は前出のチャイニーズツリーにそっくりです。色違いのパターンのような感じで、おそらくミントンではないかというのが私どもの読みでございますけれども、確認はできません。お客様のお楽しみにとっておきたいと存じます。きっとアイデンティティー判るときが来ると思います。

【コンディション】

質感から200年近く前のものとの判断です。その古さのため最善のコンディションではございません。写真でも確認しにくいと思いますが、微細貫入が全体に広がっております。全体に黄味が帯びておりますのは、素地の色に加えこの微細貫入を原因とするものです。ただ、この貫入、仮に黄味や茶色身が強くなったとしても、作品のテーマ、デザインから、嫌みな貫入にはならないと存じます(最後の写真、花の拡大写真で貫入をご確認くださいませ)。日本の陶器のわび・さびの感覚でございます。絵柄の擦れが一部にございますので、お気になさる方は写真にてご確認くださいませ。

サイズ:カップ口径 約8cm / 10cm(ハンドルを含む)
       高さ 約6.5cm
    ソーサー直径 約14.5cm

◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数