当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 すべての商品を見る

オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
トリオ


【伝統・本物】 ロイヤル・ウースター 『藍の染付』 No. 2(1911 / 1919 年作)17800 ↓
10,000円(税込)

【作品の詳細】

表紙の写真は日本に於けるヨーロッパアンティークカップのバイブル、和田泰志氏の アンティーク・カップ&ソウサー (エディトリアル) からの転載でございますが、ロイヤル・ウースターの染付の古いもの(おそらく1860頃のものと思われます)が紹介されております。とても素敵なデザインですね。

(こちらのデザイン「ロイヤル・リリー(Royal Lily)」との名前がついております。そもそもは、1788年にジョージ3世とシャーロット女王がウースター窯をご訪問なされた時に特別注文がなされ、その時以来の人気デザインです。出典:Worcester Porcelain by John Sandon, 2009)

こちらの作品は少し時代を下りまして1902−12年の作品で、少しデザインにバリエーションが見られます。

素地は極めてきめ細かく堅牢です。色は昨日窯出しされたかのように鮮やかです。

ロイヤルウースターのコレクション、あるいはジャポニズムのコレクションに加えてみてはいかがでしょうか。

【コンディション】

前のオーナーの方はこのデザイン・パターン(ロイヤルリリー)をこの上なく愛されていたのでしょう。何世代かにわたり同デザイン・パターンを入手されていた形跡がございました。それを反映いたしまして、経年、残されたカップ&ソーサーは作成ロット・年が違う物がほとんどでした。こちらの物はカップは1911年、ソーサーは1919年でございます。一応念のために記しました。

ハンドルの一番下の部分にひび割れとヘアラインがございます。これを原因としてハンドルが取れるようなことは通常考えられませんが、明らかに割れとヘアラインがございますので、写真にてご確認くださいませ。その他は通常の金彩の擦れ以外、特に確認された瑕疵はございません。上記瑕疵のためにお安くご提供させていただきます。

【サイズ】 (最大幅):カップ口径 約9.5cm / 11cm(ハンドルを含む)
      高さ 約6cm
      ソーサー幅 約16cm


◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数