当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 For English/ 中文 speakers, Please use the link the button below. ↓

すべての商品を見る オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
トリオ


【伝統・本物】『スタッフォードローズガーランドのトリオ』 <<特価!>> 17800 ↓
9,800円

【作品の詳細】

こちらのお品物は、1800年代後半から1900年の初めころ、英国はスタッフォード地域に典型的に見られましたティー・コーヒーセットの典型的な作品の一つでございます。窯元のサインがございませんので実は案外古いもの(1800年代の中ごろ)である可能性も十分ありますが、確証がございませんので、一応1800年代後半としておきます(でも、おそらく中ごろであろうと思います。後半には小さな窯でも、まず独自のマークを押しておりましたので)。

典型的と申しました時に念頭にありますのは、シェイプがコーヒーにもティーにも使えるような、汎用性を持ってきたこと(それ以前は、ティー用、コーヒー用ともっと違いがはっきりしておりました、一般的な状況ですが。)、また、絵付が薄いブラウンのプリントの下地に、一番大切なところを手書きで仕上げることで絵具に厚みを出し手作り感・高級感を出しているところです。小さなローズガーランド、英国窯の典型的なテーマで、可愛らしく仕上げてありますね。他の部分を直線的にすることで、「モダン」と「伝統」の組み合わせを積極的に推進した時代の作品です。

当時、2000とも(研究によっては5000とも)言われるスタッフォード地域の中堅の窯にみられる典型的な素地です。比較的薄く、少し茶色がかって、多少不純物も混ざっているのが通常です。その脆さや不完全さがアンティークとしての価値を高めることにも繋がるのですが、強い貫入やひびが入っていると・・・ちょっと嫌でございますよね(救ってあげたいのはやまやまなのですけれども)。幸いこちらの作品は貫入やヒビ・カケの難を逃れています。1800年代のスタッフォードの少し悲しげな儚さを感じさせる作品としてはとても良い作品です。

5客(少し貫入の入ったものを合わせますと6客)入荷いたしましたので、併せてご検討くださいませ。おまとめ買いいただけるお客様には、大変お求めやすい価格でご奉仕いたします。メールにてお知らせくださいませ。(みなさま、例えば「2客ほしいので、いくらお値引きしてくれますか?」とお気軽にメールをくださいます。どうぞ、そのようにお問い合わせくださいませ。在庫の量と質を確認いたしまして、すぐにお返事申し上げます)。

【コンディション】

上記をご覧くださいませ。その他、金彩の擦れがございます。

【サイズ】

カップの 口径 約   8cm / 9.5cm(ハンドルを含む)
     高さ 約   7cm
ソーサーの直径 約   13.5cm
 



◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数