当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 For English/ 中文 speakers, Please use the link the button below. ↓

すべての商品を見る オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
トリオ


【伝統・本物】 <お勉強:ことはじめ> 窯元不詳 『スタッフォードの軌跡』 1900年代最初の作品 19800 ↓
13,800円

【作品の詳細】

先日『パラゴンの軌跡』と『メルバの軌跡』をご紹介申し上げました。本日のお品物も同様に1900年代英国スタッフォード地域の窯の歴史が感じられる作品です。

ただ、こちらは窯元が不祥です。パラゴン、メルバ、或はワイルマンの物と素地や焼き方が非常に似ているのですがシェイプが少し違います。窯元所在地と年代はまず間違いなくスタッフォード地域と1900年代初めです。

トランスファープリントのクオリティーも1900年代最初のもので、必ずしも褒められたものではございませんね(ただ、これは最も人気の高いワイルマンの物にも共通です)。それでもデザイン性が非常に高く、当時多くのスタッフォード地域の窯がしのぎを削ってデザイン革新を進めていた歴史が感じられる良い作品です。英語では「ストライキング」(ガツーンと打たれたように印象の強い)と表現されるような、とても存在感の高いトリオです。

コレクションの中のアクセントとしても素敵ですし、或はアフタヌーンティーの席で話題つくりにもとても適切ですね。

【コンディション】

金彩の擦れが確認されます。また、こちらのシェイプはその薄さと構造上の難しさから貫入やヒビの多いもので、本作品も例外ではなく、カップには微細貫入がございます。パターンナンバーの拡大写真をご覧ください。貫入が確認できますでしょうか(多くの方には通常の使用で裸眼では見えないレベルで素)。ソーサーとプレートには貫入ございません。ストライキングなデザインとカラーに隠れて、目立つものではありませんし、割れを生じるものでもありません。どうぞ、歴史とデザイン性に重きを置いて作品の価値をご判断くださいませ。

【サイズ】

カップの 口径 約   8.5cm / 10cm(ハンドルを含む)
     高さ 約   6cm
ソーサーの直径 約   14cm
  プレートの直径 約   18cm
 



◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数