当社のプライド

私どもはお客様に誠心誠意尽くすことで信頼を得てまいりました。今後ともこれをプライドとしてお客様に安心してお買物をお楽しみいただけるショップ運営をしてまいります。

メールマガジン登録・解除

ひと月に1回程度のお得な情報やセール情報をご希望の方は こちら からどうぞ。 すべての商品を見る

オフィシャルブログ
携帯電話からもアクセス可能 ショッピングバッグを見る お気に入りに追加
トリオ


<ことはじめ・お勉強>ロイヤルアルバート『縁の花のガーランド』79800 ↓
79,800円(税込)

【作品の詳細】

先ほど、こちらのお品物と似たような感じの『エドワード期の緑のカメオ』 をご紹介申し上げました。

色合いと素地の触感がとても似ています。時代は少し下って1917年くらいです。ちょうど100年前のアンティークでございますね。

1900年代の初めにはこうした素地に薄いプリントを施す作品が流行りました。『シックな赤』をご参考くださいませ。19世紀の手描きの花絵は大変美しいものですが、コストが高いうえに大量生産が叶いません。そこでこうしたプリントによる作品群が開発されたわけですが、それは芸術或は工芸品としてのクオリティーとビジネス・バリューとの間のせめぎあいの結果でした。

プリント仕様の作品だけを集めているコレクターの方もよくいらっしゃいます。プリント仕様の物にもよい物とそうでないものがございます。プリントものってどんなだろうと、ちょっと経験・お勉強してみたい方には最適のお品物でございます。こちらのお品物は最高級とは申しませんが、この種の薄いプリントものとしてはその特徴とエステティックな長所のよく表れているとても素晴らしいものです。<<お勉強>>したり、<<ことはじめ>>するにはちょうどいい作品でございます。

ロイヤルアルバートは後に比較的「濃い」目の作品を得意とするようになったのですが(例えば『バラのテニスセット』 をご覧ください)、こちらの作品は淡い優しい感じの作品です。アルバートファンの方はちょっと変わった一品としてコレクションに加えてみてはいかがでしょうか。優しさにほっとさせられる器です。

【コンディション】

このシェイプは構造上の難しさ故貫入やヒビにおかされやすいのですが、この作品は丁寧に作りこんであります。素地が薄いにもかかわらず貫入やヒビを回避しております。金彩の擦れも少なく、とても良いコンディションです。

【サイズ】

カップ 口径   約8・5cm / 10・5cm(ハンドルを含む))
    高さ   約6cm
ソーサー:直径 約14cm
プレート:直径 約17cm


◆ こちらのお品について問合わせる
◆ こちらのお品をお友達におしえる
◆ お買い物を続ける
購入数