ロイヤルウースターの歴史

Dr. ウォール期(1751-1776年)





 


1768年製キャニスター
ヴィクトリアン&アルバート博物館蔵

ロイヤル・ウースター社は1751年、化学者であるジョン・ウォール博士と薬剤師であったウィリアム・ディヴィスにより、英国は西ミッドランズ地域のウスター市にウースター磁器会社として創業されました。ウスターの最初の時代(1751-76年)は、創設者であり大株主の1人であるジョン・ウォールにちなんで、Dr. ウォール時代と呼ばれることもあります。

1752年にはソープストーン(ソープロック又はステアタイトともよばれます)を素地に混ぜて軟質磁器を作っていたブリストル磁器製造所とコネクションを持つようになりました(買収については不確実)。当時、ブリストル磁器製造所のソープストーンを使った磁器は独特の製法でした。

ソープストーン磁器は、非常に薄く処理することができるので、食器用に大変適していましたので、ロイヤル・ウースター社の事業の拡大に貢献しました。

ジョージ3世 (George III) - 英国アンティークス
ジョージ3世
(1738年6月4日 – 1820年1月29日)
在位 1760年10月25日 - 1820年1月29日

1789年クラレンス公爵(将来のウィリアム4世、)の紋章付きのソフトペーストプレート - 英国アンティークス

1789年製 クラレンス公爵(将来のウィリアム4世)
紋章付きのソフトペーストプレート

以後、釉薬の上にエナメルカラーの絵付けを施す高度な技術や、1757年には銅版画転写法の技法により大量生産を可能にしました。こうして高品質と生産性を両立させ、1789年にジョージ3世より、英国の陶磁器界で初のロイヤル(王室御用達)の称号を得ます。以後、現在までロイヤルの称号を途切れることなく受け続けている唯一の窯で、現存する英国最古(最古は1750年を設立年と主張するロイヤル・クラウン・ダービー社との論争あり)の名窯です。



フライト期(1783〜1792年)

ジョン・フライト - 英国アンティークス
ジョン・フライト
(c.1766–1791)

1783年、工場はロンドンの元販売代理店であったトーマス・フライト (1726–1800)によって二人の息子であるジョセフ(1762–1838)とジョン(1766-1791年頃)の為に3,000ポンドでウスター・ウォームストリーハウス工場を購入しました。

この期間は使用される磁器ペーストの変更につながり、はるかに優れた、より白い素地を実現しました。この時期の装飾のスタイルは新古典主義のスタイルが人気となりました。会社は2人の息子のうちの一人であるジョン・フライトが1791年に亡くなるまで主導で会社を経営を続けていきました。

当初の数年間、フライトは数え切れないほどの技術的な問題に苦しみ、装飾部門の責任者であるロバート・チェンバレンの辞任によって経営が悪化しましたが、ゆっくりと運命が変わり始めました。最新のフランスの磁器のデザインを研究するために、ジョン・フライトがフランスを旅行した後、ウスターにスパイラルフルートとフレンチスプリグパターンを導入することになりました。 スパイラルフルートのプレート - 英国アンティークス
スパイラルフルートのプレート
1788年、ジョージ3世とシャーロット女王は、ウースター音楽ミーティング(スリー・クワイア・フェスティバルの前身)に出席しました。彼らはまた、フライトのウースター磁器工場を見学し、ブルーリリーデザインの朝食サービスを注文し、会社に大きな励ましを与えました。 ロイヤル・ウースター ロイヤル・リリー - 英国アンティークス
ロイヤル・リリー
フライト&バーのロンドンショールーム - 英国アンティークス
ロンドンのショールーム
ロイヤルの表敬訪問記念とシャーロット女王に敬意を表して、選択したデザインの名前をロイヤル・リリーに変更しました。

王の助言を受けて、彼らはまた、一流の新しいロンドン店をコベントリーストリート1番地(ピカデリーサーカス)にオープンし、翌年、ジョージ3世はフライトに王室御用達を与え、王室の紋章と王室御用達の称号を利用できるようになりました。これらの情報は、主にジョン・フライトが1785年から1791年まで保管していた日記に記されています。
フライト&バー期(1792–1804年)
この時期、英国のカントリーサイドの景色を描いた作品も紹介され、1830年代には、ネオロココ様式(ロココリバイバル・ロココ様式の復活)が新進気鋭の実業家に人気を博しました。 当時、トーマス・ターナーのブルー&ホワイトのウィローパターンなど、他社の安価な製品の競争によって圧力をかけられました。
FLIGHT AND BARR ネオロココ様式 - 英国アンティークス
フライト&バーのネオロココ様式 の作品
ウィリアムソン・トンネルにて発見された1830年代のウィローパターンの皿 - 英国アンティークス
ウィリアムソン・トンネルにて発見された
1830年代のウィローパターンのプレート
マーティン・バー / ロイヤル・ウースター - 英国アンティークス
マーティン・バー
(c.1757–1813)
1793年にマーティン・バーは会社のパートナーになりました。この時代の磁器は、しばしば刻まれた大文字の「B」によって識別され、その後、より精巧な印刷された印象的なマークによって識別されます。パートナーシップが変わると

フライト&バー(1792–1804)
バー、フライト&バー(1804–1813年)
フライト、バー&バー(1813–1840年)

と名前も変更していきました。
トーマス・フライトは1800年に亡くなり、息子のジョセフ・フライトとマーティン・バーの手元に工場を残しました。1789年ジョージ3世によって付与された令状に加えて、1807年にプリンスオブウェールズによって、そして1808年にプリンセスオブウェールズによって御用達の称号が発行されました。

バー、フライト&バー(1804–1813年)

1804年にマーティン・バー・ジュニア(c.1784–1848)は彼の父とジョセフ・フライトの元、事業に参入し、次の10年は非常に成功することでした。最高品質の英国の磁器のいくつかは、ウォームストリー工場で作られました。

1752年のウォリック城 - 英国アンティークス
1752年のウォリック城
磁器セットは、クライアント自身の所有物や敷地、地元の景勝地やランドマークなど、クライアントの意見を取り入れながら作られました。英国貴族は、絵のように美しい風景を求めて英国を旅していました。カントリーハウス(マナーハウス)の版画が出版され、チェルトナム、ウスター、マルバーンなどのファッショナブルな場所が、ウォーリック城、カリスブルック城、マトロック近くのハイトールなどの有名な景勝地と並んで磁器に描かれました。
18世紀後半に入ると、人々の興味は狩猟から科学的調査に取って代わり、外国の風景や珍しい羽、貝殻、鉱物、植物などの収集品の表現がより正確になりました。
1815年 狩猟風景 - 英国アンティークス
1815年 狩猟風景
1820年 植物画 - 英国アンティークス
1815年 植物画
1843年 パーラメント - 英国アンティークス
1843年 パーラメント
バー、フライト&バーは、1808年から芸術の天才ウィリアム・ビリングズリーを雇いました。ビリングズリーは才能あふれるアーティストではあったものの、その自由奔放な性格からロイヤル・クラウン・ダービーをはじめとする様々な窯を点々としてきており、バー、フライト&バーとは磁器レシピを口外しないという契約を結んだのですが、それは彼自身による製作を妨げるものとはなりませんでした。

1813年、ビリングズリーは磁器のレシピ、生涯かけて工房で身に付けてきた経験、娘のレビーニャとサラ、義理の息子のサミュエル・ウォーカーと共にウェールズ・グラモーガンシャーのナントガルに移り住み、そこでナントガル製陶所を開きました。

その後、ナントガル製陶所での製造は上手く行かず、最終的には1828年に没するまでコールポート製陶所で働くことになりました。自由気ままな天才芸術家、ビリングズリーの磁器製品は、ダービー博物館・美術館の磁器コレクションで中核をなすものの一つとなっています。

1800年頃にはボーンチャイナの生産にも成功、1810年にグレンジャー社を買収し、同社が保有していた東洋的なブルードラゴンのデザインも継承しました。 ブルー・ドラゴン・パターン - 英国アンティークス
ブルー・ドラゴン・パターン
18世紀後半から19世紀初頭にかけて、中国製の磁器に家の紋章を描いた作品ははステータスシンボルでした。

中国からは時間がかかること、そして間違いなども多かったことから、ウスターは、より明るい色でより白く、より簡単に入手できる代替品を生み出し、19世紀初頭のファッションの頂点に立ちました。

この期間の顧客リストに名を連ねたのは、皇帝アレクサンドル1世、ヨーク公、ジョージ3世、ウィリアム4世、クラレンス公、マスカットのイマーム、バッキンガム侯爵、オードのナボブなどで、最も裕福な顧客のために豊富な個別サービスが提供されていました。
ジョージ4世のための作品 - 英国アンティークス
ジョージ4世のための作品(1820年)
ジョージ4世 - 英国アンティークス
ジョージ4世
(1762年8月12日 – 1830年6月26日)
在位 1820年1月29日 - 1830年6月26日

 

1800-1815 ウースター 伊万里デザイン - 英国アンティークスウースター 伊万里デザイン(c.1800-1815)
デザートサービスの一部

(当然のことながら)超のつく富裕層であるジョージ4世は、人々が簡単に模倣することのできない贅沢なスタイルを好み、裕福である文化人やビジネスピープルのクラスの一歩先を進んでいました。

ジョージ4世は磁器に莫大な金額を費やし、ウスターの工場から少なくとも豪華な6つのサーヴィス(食器セット)を購入しました。王子の赤、青、金の伊万里デザインへの愛情は、1807年にバー、フライト、バーが行った2つのデザートサービスに反映されています。同じ年、彼は会社にロイヤルワラントを授与しました。

c.1813年 フライト、バー&バー
王家の紋章と
プリンス・オブ・ウェールズの
羽が描かれている
1804-1813年 バー、フライト&バー<br>冠のモノグラム プレート - 英国アンティークス1804-1813年
バー、フライト&バー 冠のモノグラム プレート
1802年 ネルソン提督 ティーポット、ファインオールドジャパン - 英国アンティークス1802年
ネルソン提督 ティーポット
「ファインオールドジャパン」
フライト、バー&バー(1813–1840年)

マーティンバーは1813年に亡くなり、再びジョセフ・フライトがジョージ&マーティン・バー・ジュニアとのパートナーシップで主要株主となりました。

トーマス・バクスター - 英国アンティークス
トーマス・バクスター
(1782–1821)

会社の大成功は1814年から1816年まで才能のある芸術家トーマス・バクスター(1782–1821)の雇用によって継続され、後押しされました。おそらくはこの時代の最も偉大な陶芸家と言えるでしょう。

バクスターは1782年ウスターで生まれ、ロンドンにある父親の装飾スタジオで働き、主にコールポートの白い磁器を描いていました。またロンドンの王立芸術院のヨハン・ハインリヒ・フュースリー (Henry Fuseli)の下で正式に絵画を学び、磁器の芸術を完成させました。

バクスターは花、貝殻、風景、肖像画、人物画など、幅広い主題をクラシックなスタイルで描き、1814年にウスターに移り1814年から1816年までフライト、バー&バーで働き、多くの次世代の画家の育成に携わりました。

1816年からはスウォンジーのディリン&カンパニーで働いた後、1819年にフライトとバー、そしてチェンバレンの絵画のためにウスターに戻りました。バクスターの作品は、1802年から1821年の間にロイヤルアカデミーに16回も展示されました。

1830年代のネオロココ様式が人気を博しましたが、その後、贅沢でクラシカルな磁器の需要は減少し、最も順応性があり革新的な磁器工場だけが生き残ることとなります。そして1840年、フライト、バー、バーの工場は、かつてのライバルであるチェンバレンと力を合わせ、ヴィクトリア朝時代にウースター社を設立するための新製品やアイデアを開発していくこととなりますが、その後も両方の工場で生産を行っています。

ウースターは最終的に、1847年にその事業全体をより最新のチェンバレンの工場に移し、チェンバレンのウースターとして知られるようになりました。その後は1852年にW.H.カーが加わり、Kerr&Binnsに改名、1862年にロイヤルウースターに改名され、より多くの日常の作品が制作されるようになりました。
ペインテッドフルーツ ロイヤル・ウースター - 英国アンティークス 代表作「ペインテッド・フルーツ」はウースター最高の工芸品として名高く、フリーハンドによる絵付けと焼成を6回繰り返して作られます。さらに特殊技法で施す22金を11時間もかけ、研磨し輝きを引き出す工程は、歴史と伝統の技の結晶と言えるでしょう。
スターリングシルバースプーン付きカップ&ソーサーのセット(1900年 ジェームズ・スティントン作)
【伝統・本物】ロイヤルウースター シルバースプーン付きのセット - 英国アンティークス
【伝統・本物】ロイヤル・ウースター バタフライハンドル - 英国アンティークス
1875年製 ロイヤル・ウースター バタフライハンドル
1883年製 ハニーコームカップ&ソーサー

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。記載がない限り1点のみの価格表示となっております。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クオリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前に、こちらから ご確認くださいませ。

英国アンティークス 無料会員登録
上のバナークリックで新着アンティーク作品・お得なセールのご案内、
ご登録無料のメルマガ会員さま限定のプレゼントなどのお得な
ご案内のみのお知らせですのでお気軽にお申し込み下さいませ。