ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス
ドレスデン アンティークプレート ロココ  Dresden antique plate rococo 英国アンティークス

ドレスデン『 ロココ調の恋人たち』プレート

価格
ご売約済
セール価格
¥18,000

【作品の詳細】 

ドレスデン ヘレナ・ヴォルフソン工房(Helena Wolfsohn )による、美しい『ロココ調の恋人たち:シェルシェイププレート』のご紹介でございます。

美しいシェル形のプレートに高貴な身分と思われるカップルが描かれていますね。お庭で女性が扇を手にして何やら秘密の逢瀬のような雰囲気もあります。

ロマンティックな雰囲気の二人の周りには、その二人の気持ちを表すように薔薇やお花でロマンティックに飾られていますね。まさに二人の心はお花畑なのでしょうね 🌺🌹🌼✨

シェルのリムに沿って描かれたローズガーランドもエレガントです。まさに初夏のヨーロッパを感じさせる出来合いになっています。

こちらは本当に美しい出来の良いプレートですが、そのドレスデンにも様々な歴史がございました。

ドレスデンにはヘレナ工房の他、ラム工房、ヒルシュ工房、、ウィスマン工房、ドナート工房など色々とありますが、その中でもヘレナ工房は「有名な」工房の一軒でございますね。

ヘレナ工房に「有名な」と鍵かっこが付いておりますにはちょっと理由がございます。ヘレナ工房はしばしば贋作造りで話題にされる工房でした。これは近隣のマイセンに起源をもつ優れた器をモデルにいくつもの作品を作ったのですが、それをあたかもマイセン真正もののようにして販売し不当な利益を得ていたことに由来します。

シェイプや絵柄を似せるだけでなく、アウグスト選帝侯の(即ちマイセンの)マーク「AR」を付けてみたり、他にもマイセンのマークと似通ったマークを使いました。コピー品を作成すること自体は多くの名窯でも行われていましたが、そのコピーと販売の仕方がちょっと度を過ぎていたようです。この辺の経緯については和田泰志先生の『アンティーク・カップ&ソウサー・色彩と形が織りなす世界』(講談社 2006、214頁)をご覧ください。 ヘレナ工房はこの贋作造りで「有名な」ということでカッコが付いているわけですね。 

しかし、そうした件について裁判で負けてからは、自社のマークを使うようになります。こちらの作品のお王冠の下に「D」のついたものはドレスデン ヘレナ・ヴォルフソン工房のものとして正式に登録・認識されているもので、贋作ではございません。真正ドレスデン、ヘレナ・ヴォルフソン工房の作品です。 

また、コピー品作成で有名であったとはいえ、そのクオリティーについては高い評価も得ているのです。たとえばヴォルフソン工房の贋作づくりに対し厳しい批判をなされている和田泰志先生におかれてもその技術が高水準にあったことは記されています。『ヨーロッパ アンティーク・カップ銘鑑』(和田泰志、1996、実業之日本社、26項、200項参照)。 

もっとも、全ての作品のクオリティーが高かったというわけではございません。英国アンティークスでもこれまでいくつかヘレナ工房のものを取り扱わせていただきましたが、クオリティーは様々でした。外部作成(焼成)の素地に絵付・装飾をするのが常ですが、素地のクオリティーも装飾もかなり差がございました。もっとも、これは同工房のみならず、ドレスデン全体、或いは他の名窯にも当てはまる事実ではございますが。 

本日の作品は素地、装飾共に、上・中・下でいえば、キチンと上に入るレベルですが正直もうしまして最高級とまでは言えません。これは特に男女の顔に現れがちでございます。マイセン真正ものやドレスデンでも最高級の物は、小さな顔でも丁寧に描かれ「よくこんなに細かく書けるなぁ」との感想が漏れるのが常です。それに対し多くのドレスデン物で「中」や「下」にあたる作品は、小学生や中学生の描くような顔が多いのです。高校生や大学生ではなく、もっと稚拙なものです。一般に、このロココ調の男女の顔というのはかなり難しいのですね、小さいですし。 

その点、こちらのプレートはまず「上」の部に入るものといったところかと存じます。華絵と金彩はドレスレンらしい質の高いものです。それに加え、素地のクオリティー、特にそのシェイプについては高く評価されてしかるべきかと存じます。綺麗な形ですね。珍しい、富を象徴するシェルシェイプに、大らかな男女の恋を描いた作品、お楽しみください。 

【コンディション】 

ひび、かけ、貫入のないとても美しいコンディションです。絵柄の一部に多少擦れがございますが、気になるレベルの物ではございません。1915年くらいまでの、100年物です、お許しください。

【サイズ】 

幅 約210mm
奥行 約240mm
高さ 約50mm 

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クォリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。