アンティークカップ ピンクローズ 金彩 English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ ピンクローズ 金彩 English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ ピンクローズ 金彩 English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ ピンクローズ 金彩 English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ ピンクローズ 金彩 English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ ピンクローズ 金彩 English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ ピンクローズ 金彩 English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ ピンクローズ 金彩 English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ ピンクローズ 金彩 English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ ピンクローズ 金彩 English antique cup 英国アンティース

【正統派】ピンクの薔薇と金彩 クリーマー付

価格
ご売約済
セール価格
¥23,800

【作品の詳細】 

以前もタイプが違う美しい グロヴナーの薔薇のアンティークカップ&ソーサー をご紹介申し上げました(どうぞ こちら もご覧くださいませ。)。 

英国アンティークスではこれまでグロヴナーをご紹介したことがあまりなかったですね。不思議です、これだけ素敵な作品を作り出した有名な窯でありましたのに。偶然のいたずらですね。これから少しずつご紹介してまいりますね。 

グロヴナー社はスタッフォード地域の中でロングトンと並んで窯業の盛んであったフェントンにあった有名な窯でした。ジャクソンとゴスリング(Jackson and Gosling)により1866年に設立された窯で、高級陶磁器の製造に力を入れておりました。マーケティングでも成功しハロッズやティファニー社といった超高級ブランド店に作品を納入いたしておりました。その後ロングトンに移り、1933年にはコープランド社に買収されましたがブランド名グロヴナ―はその後も使用され続けました。 

本日の作品は、それよりももっと伝統的で正統派的な「金彩と薔薇絵」でございますね。このテーマは主だった窯のすべてが取り組んだテーマで、微細な違いが各窯のデザイン性評価につながりますので、力を入れた作品群が観察されました。こちらの作品もとてもよろしいですよね。 

伝統的な薔薇絵がしっかり焼き付けてございます。金彩の色と薔薇のピンクが見事にマッチしております。しかも、こちらの作品は100年ほど前(1919-23年頃)の作品で手描きの作品です。

和田泰志氏著『ヨーロッパアンティーク・カップ銘鑑』(1996)90-91項にインクリッシュローズというテーマについて記載がございます。ご参考ください。 

【コンディション】 

とても綺麗なお品物です。金彩の擦れが少し確認されますが、ひび、かけ、貫入などのないとても美しいコンディションのお品物となります。 

【サイズ】 

カップ口径   約9.5cm / 11.5cm(ハンドルを含む)
   高さ   約5.5cm
ソーサー直径  約15cm
クリーマー付 

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クオリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。