HRダニエル アンティークカップ アンティークトリオ English antique cup 英国アンティース

【伝統・本物】H.R. ダニエル 『大人の華絵』

価格
ご売約済
セール価格
¥118,000

【作品の詳細】 

今日は世界中で人気の高いダニエルの作品でございます。日本のお客様のなかには本当にお目が高かったり、こったりなさる方が多くいらっしゃいますね。ダニエルをご紹介するときはいつもそう感じます。

ダニエルの前についているイニシャルHとRはヘンリーとリチャード、お父様とご子息です。ヘンリー・ダニエルはスポードにおける非常に優れた絵付師でございましたが、1822年スポードより独立し、自らの窯を開きました。と申しましてもダニエル家はなんと1500年代から窯業にかかわっていたとの研究もございますので、血筋なのでしょうね。そして息子さんが参加し、ダニエル窯としてストークオントレントで名をはせました。

名を馳せたというのは他でもありません、そのデザイン性の卓越さからでした。なんといっても、デザインのダニエルでした。

ダニエルのデザイン、どのように評したらいいのでしょうか。私の正直なところを申し上げようかどうか迷ったのですが・・・どうぞ、お許しください、少し正直すぎるくらい申し上げます。

ダニエル、私にはすこしオシャレ度が高すぎました。オシャレの中でも、なんと申しますか、ちょっと冷たく澄ましていて、気取っていて、ちょっと奇抜なところを入れるけれども、絶対に本筋からは外れない、そういう世渡り上手なところがありました。とってもファッショナブルなんです、時代を少し先取りして。ハンドルにしても、リムの角度にしても、少しだけどこかを微妙に曲げるんです。

でもそうした感想も今日までには過去形になりました。今は少し憐れみをもって見ております。と申しますのは、ダニエル、これだけ有名で人気がありながら、実は25年足らずしかもたなかった窯だったのですね。

1822年から1846年までです。1841年にお父様が他界されると、ビジネスはすぐに傾いてしまったようでございます。その5年後には倒産してしまいます。お父様もご子息様もビジネスでは才能を発揮することなく、お父様の追悼文には「デザインと同じようにビジネスに長けていたら、ストークオントレントの歴史を違う物にしていただろう」読み上げられたとのことです。 

ダニエル、私の勝手なイメージで世の中に迎合的なデザインを出して、お金儲けを考えていたのだろうと思いきやそうではなかったようです。失礼しました。おそらくダニエル親子はモーツアルト的な天才肌で、現実の生活とは違うところでデザインを楽しんでいたのかもしれません。

トヨタ自動車の取締役さんたちとお話ししておりましたら、「トヨタとか日産の車を見てもどのメーカーの物かわからないでしょ。でもBMWとかベンツはすぐわかるんですよね。そういうデザインを作りたい」とのことでしたが、ダニエルのデザインも一緒なのでしょうね。どこがどうだとすぐにはポイントアウトできないのですが、ダニエルのファッションなのです。

大変長くなり失礼いたしました。薄命であったことを知って少し感傷的になってしまいました。
本日の作品ですが、ダニエルをご存知の方は、「えっ、こちらがダニエルですの?」という感じを覚えられる方もいらっしゃるかと存じます。「英国アンティークさん、勘違いじゃない?」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。 

そうお感じになるのももっともですよね。なぜなら、その絵がとても大人で穏やかですので。上にご紹介申し上げましたように、ダニエルの作品には伝統を超えて、ちょっとひねりが加えられて、オシャレ度の高いものが多いのですが、こちらの華絵はとても大人で知的で伝統にかえった感がございますよね。 

はい、しかしながらこのシェイプ、ダニエルのセカンド・ガドルーンそのものですし、私どもではダニエルのパターンブックとも突合しております。4600番台の作品と酷似しております。マークの次の写真をご覧くださいませ、花の絵柄は少し違いますが、シェイプとタッチが間違いなくダニエルの物であることを伝えてくれます。 

おそらく1830年頃に制作されたものと考えられます。もうすぐ200年物ですね。 

大変貴重な作品でございます。どうぞ、この機会をお見逃しなく。

【コンディション】 

コンディション、写真でご覧いただけますように、とても綺麗なコンディションです。しかし、窯焼き時に少しひずみが出たようで、リムの上に少し弾み割れができていますが、釉薬がそのひずみをそのまま埋めてくれています。年代と、そのアンティーク感と、釉薬による埋め込みの効果により「割れの可能性の無さ」も合わせまして、作品の瑕疵とはみなしませんが、こうした小さな形跡が2点ほど確認されますことを念のために記します。 

【大凡のサイズ】 

カップ 直径  約10cm / 12.5cm(ハンドルを含む) 
    高さ  約5.5cm
ソーサー直径  約14.5cm

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クォリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。