ウィリアムソン アンティークカップ アンティークトリオ Williamson antique cup 英国アンティース
ウィリアムソン アンティークカップ アンティークトリオ Williamson antique cup 英国アンティース
ウィリアムソン アンティークカップ アンティークトリオ Williamson antique cup 英国アンティース
ウィリアムソン アンティークカップ アンティークトリオ Williamson antique cup 英国アンティース
ウィリアムソン アンティークカップ アンティークトリオ Williamson antique cup 英国アンティース
ウィリアムソン アンティークカップ アンティークトリオ Williamson antique cup 英国アンティース
ウィリアムソン アンティークカップ アンティークトリオ Williamson antique cup 英国アンティース
ウィリアムソン アンティークカップ アンティークトリオ Williamson antique cup 英国アンティース
ウィリアムソン アンティークカップ アンティークトリオ Williamson antique cup 英国アンティース
ウィリアムソン アンティークカップ アンティークトリオ Williamson antique cup 英国アンティース
ウィリアムソン アンティークカップ アンティークトリオ Williamson antique cup 英国アンティース

ウィリアムソン『秋の薔薇』トリオ

価格
¥79,800
セール価格
¥79,800

【【作品の詳細】 

先日 ウィリアムソンの『ロマンス』 をご紹介申し上げましたら大変な反響でございました。本日ももう一点、ウィリアムソンらしい作品で、優しさがたくさん詰まっている作品のご紹介でございます。バックスタンプから1910年から20年頃の作品と思われます。 

『秋の薔薇』と題しましたのは、先週末に近くのマナーハウスに散歩に参りましたときに、なんと11月ですのにまだまだ沢山のバラが咲いていて、夕日の中の薔薇が何ともけなげだったからです。英国は今年は暖かく11月になってもまだ薔薇がたくさん咲いております。しかし、午後3時にはもう薄暗く射す日がとても優しい頬色になります。薔薇といいますと、5月、6月が美しいのですが、秋の夕日の中の薔薇も素敵でした。こちらの作品のシーンもそんな秋の薔薇であったかもしれません。 シャビーシックな仕上がりが素敵です。

ウィリアムソンが長けておりますのはそうした薔薇絵だけではございませんね。彼の特徴はカップやソーサーのシェイプ、柔らかさです。どうご覧になりますか?

こちらの作品のウェーブ、優しいですよね。私ども何も知らずに簡単に「優しい」などと申しますが、窯元にとっては「難しい」シェイプなのです。けなげさを出すために薄い素地を採用したうえで、このシェイプを採用するには相当の勇気と技術が必要とされます。おそらく歩留まりが悪くコストもかさんだことと思われます(現代ものと違いまして、窯焼き時に何割もの不良品が出ることが当たり前の時代でした)。それでもロマン主義を追求するために妥協しなかったのでしょうね。それがウィリアムソンの魅力です。 

ところで、アンティークカップをよく観察なされているお客様はお気づきかもしれません。カップには正面と裏がございまして、表からの眺めは素敵なのですけれども裏からはどうも‥‥というのが普通です(多くの場合、コスト削減の結果です)。でも、こちらの作品いかがですか?裏にまでしっかり気を使っていますよね。ウィリアムソンの妥協を許さない完璧主義者的な側面がうかがわれます。 

【コンディション】 

ヒビ、カケ、貫入の無い美しいお品物です。100年物のアンティークとは思えないほどの美品です。 

【サイズ】 

カップ口径: 約8cm/10cm(ハンドルを含む)
カップ高さ: 約6cm
ソーサー直径: 約13.5cm
プレート直径: 約17.5cm

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クオリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。