コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス
コバルトと金彩-リッジウェイの技 - 英国アンティークス

【伝統・本物】コバルトと金彩 リッジウェイの技

価格
ご売約済
セール価格
$313.00

【作品の詳細】 

私どもが注目している英国の窯元がいくつかございます。リッジウェイ、日本ではほとんど知られていませんが、極めて高い芸術性と技術を持った窯でした。窯業におけるデザイン革命や政府との関係における窯業発展にも一番貢献した窯元でした。 英国班の者が英国アンティークスが英国アンティークスとしての役割を確立するのに大切な役割を果たしてくれたリッジウェイの作品を集めてくれていました。

今日のお品物「かわいい」とか「綺麗~」というタイプの物ではございませんね。<伝統・本物>の類です。ジョン・リッジウェイさん、私どものヒーローです!こちらは成熟したリッジウェイの作品ですね。 

リッジウェイは1850年代後半にブラウン・ウェストヘッド・ムーアーに経営譲渡してしまいますが、この作品はその数年前の成熟したころの物でございますね、パターンナンバーがそれを語ってくれます。同じパターンは見つかりませんでしたが、1850年代に典型的なパターンをそのパターンブックに見い出しましたので、写真でご覧ください。大人の美しさです。 

【コンディション】 

磁胎は重厚堅牢で、あと何年でも生き続けてくれそうです。ヒビ、カケ、貫入はございません。経年による金彩の擦れがございます。また、ソーサーの裏の一部が薄く書けていたのを修繕した後が見られます(目立つものではありません、ご寛容にお願い申し上げます)。 

【サイズ】 

紅茶カップの口径 約8cm / 10cm(ハンドルを含む)
      高さ 約7cm
コーヒーカップの口径 約9cm / 11cm(ハンドルを含む)
        高さ 約7・5cm
ソーサーの直径 約15cm

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クォリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。