5月23日から6月12日まで臨時休業とさせていただきます。ご注文は頂戴できますが、ご発送は6月13日以降になりますことをご了承頂けますようにお願いいたします。お問い合わせは info@eikokuantiques.com までどうぞ。

ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス
ヒルディッチ-ライラックの小枝-カップ-ソーサー - 英国アンティークス

ヒルディッチ『ライラックの小枝』(2) カップ&ソーサー

価格
ご売約済
セール価格
¥0

【作品の詳細】 

以前にも英国アンティークスにてご紹介させていただいてことのあるヒルディッチ作品が入荷いたしました。こちらはNo.2 ですが、若干のモティーフ違いの No.1 ヴァージョンもございますので、どうぞご覧くださいませ。 

こちらのお品物いかがご覧になられますか?このヒルディッチ作品はなんと200年ほど前に製造されたものなのです。200年前に作られたとは信じがたいほどの美しい素地の白さで完成度が高い作品に仕上がっております。また特筆すべきは、陶器の表面に1ミリほど浮き上るように施したスプリッグ(一般にSprig of Lilacと称します) がございます。このスプリッグはヒルディッチが積極的に活用した技術の一つとなります。必ずしも完成度の高いものばかりではありません。スプリッグ部分とベースの素地の焼いた後の収縮度が違うために割れを生じることが多かったようですが、同窯も市場もこの割れを「味」として受け入れていたようです。確かにこの割れがいい味を出していることが多いのです。 

西洋カップ&ソーサーのバイブル的な存在、Berthoud (1990) 170項でも紹介されている作品です(写真をご覧くださいませ)。白い器がメインでございますので、入れた紅茶の色を邪魔しません。ハンドルシェイプも変わっていますね。とても気品のある作品でございます。 

作品No.333、1830-35年頃の作品です。英国隠れた名窯ヒルディッチの典型的な作品の一つとして、この機会にぜひどうぞ。 

【コンディション】 

この作品は作るのが大変難しいのですが、窯焼き時のヒビや金彩の擦れも少なく極めて綺麗な状態です。マイケル・バーソウドのバイブルにも現れるとてもヒルディッチらしい良い作品です。こうしたお品物はまずなかなか出てまいりませんので、これを機会に是非どうぞ。 

【サイズ】 

カップ 口径  約9.5cm / 12cm(ハンドルを含む)
    高さ  約5cm
ソーサーの直径 約14cm

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クォリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。