ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド ハーフレース アンティークカップ アンティークトリオ Royal Copenhagen antique cup 英国アンティークス
ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド ハーフレース アンティークカップ アンティークトリオ Royal Copenhagen antique cup 英国アンティークス
ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド ハーフレース アンティークカップ アンティークトリオ Royal Copenhagen antique cup 英国アンティークス
ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッド ハーフレース アンティークカップ アンティークトリオ Royal Copenhagen antique cup 英国アンティークス

ロイヤルコペンハーゲン『ブルーフルーテッド ハーフレース』トリオ

価格
ご売約済
セール価格
¥27,000

【作品の詳細】 

いつの時代も大人気のロイヤルコペンハーゲン社の『ブルーフルーテッド ハーフレース』トリオでございます。 

そもそもは「ブルー・プレーン(特に飾りなし)」で始まり、その後「ブルー・フルレース(レースが沢山ついている)」が開発され、そして最後に「ブルー・ハーフ・レース(その中間)」が製作されるようになったとのことです。爽やかなブルーと白は定番の人気です。

しかもこちらの作品は1936~39年作のヴィンテージ物です。今ではなかなか市場に出回りませんね。同社のホームページによりますと、現代物はタイで製作されているとのことですが、こちらは本国デンマークで作られていた正真正銘の<本物>でございます。すこし、重みが違います。 

「重みが違います」なんて申しますと、誤解を生んでしまいますね。こちらはさすがはロイヤルコペンハーゲンと思わせる「薄み」と「透明性」がございます。透過性が素晴らしいです。 

ロイヤルコペンハーゲン社のこちらの作品の成功を見ていくつもの窯が模写を始めたようですが、ロイヤルコペンハーゲン社とて、そもそもは中国あるいは日本のデザインを1776年ころから模倣したものらしいのですね。

東洋の白磁は当時西洋の憧れの的でした。本当の富裕層しか手にすることのできない輸入品で、西洋では1700年代の後半からようやく透明性のある時期が作られたとの経緯があります。とても難しく、高価なものでした。 

こちらのお品物、そうした歴史と気品を感じさせる素晴らしいお品物です。レアなヴィンテージ物、この機会をお見逃しなく。 

【コンディション】 

ひび、かけ、貫入などのないとても美しいコンディションです。 

【サイズ】  

カップの口径 約10.5cm /12.5cm
       高さ 約5.5cm
ソーサーの直径 約15cm
プレートの直径 約17.5cm 

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クオリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。