アンティークカップ アンティークトリオ English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ アンティークトリオ English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ アンティークトリオ English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ アンティークトリオ English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ アンティークトリオ English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ アンティークトリオ English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ アンティークトリオ English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ アンティークトリオ English antique cup 英国アンティース
アンティークカップ アンティークトリオ English antique cup 英国アンティース

【伝統・本物】『典型的な白磁-金彩-華絵10 英国の曇り空』

価格
¥69,800
セール価格
¥69,800

【作品の詳細】 

『 典型的な白磁-金彩-華絵 』シリーズの第10番目のお品物です。詳細は以下の第一番目の作品のご紹介をご参考くださいませ。 

【シリーズ一般説明】 

お待たせいたしました。本日よりしばらく、<本物>『典型的な白磁-金彩-華絵』をシリーズでご紹介してまいります。窯元は コールポートリッジウェイロイヤルクラウンダービーダヴェンポート などです。 

本日の作品は『 典型的な白磁-金彩-華絵 』シリーズの第10番目、コールポート、極めて人気の高い作品ですね。伝統と気品と美しさと可愛らしさの出会う小さな空間です。英国アンティークス出申しますところの<本物>に常に数えられる作品群でございます。

作品は手描きで専門アーティストのセンスと技量により、お客様の好みにあったものとそうでないものが出てまいります。どうぞ、写真をご覧いただきお客様自身の品定めを楽しんでくださいませ。このシリーズの物は全て<本物>一級品ばかりです。 

【作品の詳細説明】 

はい第10番目の作品は少し控えめな絵柄で清楚な感じの作品のご紹介でございます。ディーラーからはオールコックと紹介された品物ですが、おそらく(95%)はリッジウェイの物でございます。年代確認するのが難しいのですが、おそらく150年ほど前の物、1800年代中期の物であろうとの判断です。 

和田泰志先生 のおっしゃるところのイングランドの曇り空とでも申しましょうか、そんなグレイが基調になっています。その中に小さな花のガーランドが控えめにえがかれています。 

そうですね、そうした控えめな絵柄を、お洒落なカップシェイプが補っている、そういったタイプの作品です。かなり大きめの器がスラリと立って、腰を絞り、肩や帽子飾りを大きめにした、そんな感じでしょうか。とても存在感のあるシェイプです。 

【コンディション】 

磁胎は重厚堅牢です。ハンドルの下に極めて薄い貫入(一本なのでヘアラインのようにも見えますが、貫通していませんので貫入としておきます。)が見えますが (ハンドルの拡大写真に写っていますでしょうか)、これは焼成時にハンドルとカップ本体のちじみ具合の違いによってできた歪によるものと思われます。これをもとに割れを生じる様な事はございません。ほとんど目視出来ない程度の小さなものです。その他、ヒビ、カケ、割れなどございません。華絵と金彩に多少擦れがございますが、通常想定される程度のものです。 

【サイズ】 

カップの 口径 約10cm / 12cm(ハンドルを含む)
     高さ 約6.5cm
ソーサーの直径 約15cm

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クオリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。