19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス
19世紀のアフタヌーンティー - 英国アンティークス

19世紀のアフタヌーンティートリオ

価格
¥31,000
セール価格
¥24,800

【作品の詳細】 

19世紀末こんなティーセットでアフタヌーンティーをたしなんでいたのはどのような方々だったでしょう。金色に近い黄土色の素地、うす色の可憐な野花、エレガントなシェイプでプレート付きのトリオです。当時流行りのブラッシング技術もとても繊細で上品なものです。 

小春日和の中のガーデン・ティー。茶葉はインドから船で運ばれてきたばかりのフレッシュなもの、スウィートはスコーンでしょうか。クロッテッド・クリームをたっぷりとすくって、苺のジャムを少しのせます。優雅ですね。 

マークのT&Kはテイラー&ケントのイニシャルです。その真ん中のLは窯業中心地スタッフォード地域の中でも更にその中心ロングトン通りのイニシャルです。1800年代後半、特に上流マーケットをターゲットにした高級ウェアを多く輩出いたしました。 

素地は薄く高級感がありますが、英国特有の温かみのあるクリーム色のものです。通常貫入がたくさん入るタイプのカップ(英国の陶土と、シェイプと薄さに主な原因があります)ですが、こちらの作品はそうした難を逃れています。19世紀のティーセット、少し壊れそうな儚さが魅力のお品物です。

こちらはトリオのページでございます。同モティーフのカップ&ソーサーのみのセットもございます。カップ&ソーサーのみをご要望の方は こちら をご覧くださいませ。

★ 19世紀のアフタヌーンティーカップ&ソーサー

【コンディション】 

灰降点(昔の窯は木を燃やして焼成していましたので、その灰が窯の上から降ってきます)が確認されますが、アンティークの味です。ひび、かけなどのない良いコンディションです。 

【サイズ】 

カップ 口径  約8・5cm / 10・5cm(ハンドルを含む)
    高さ  約6cm
ソーサー直径  約14cm
プレート直径  約17cm

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。記載がない限り1点のみの価格表示となっております。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クオリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前に、こちらから ご確認くださいませ。

英国アンティークス 無料会員登録
上のバナークリックでお得なセールのご案内
ご登録無料のメルマガ会員さま限定のプレゼントなどの
お得なご案内のみのお知らせですのでお気軽にお申し込み下さいませ。